三国志大戦ヘタレプレイヤー、「聖帝」の体験、気付いた事、個人的なカード評価などをつらつらと書く超個人的娯楽日記

聖帝 三国志大戦 徒然日記

短気の起こした末路 | main | そろそろ中毒症状
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
マジスカ
もう頭おかしいんじゃないかと。
バイト前にちょっと大戦覗いてたんですよ。まぁプレイはしないんですがwww
したらですね。なんか・・・突然人のバック漁ろうとする変な男が。

当然え?と思い、「オイ、何やってんだ」とドスを聞かせて問いかける。とんでもない返事が。



「うっせぇよタコ!」




・・・・・・・・・・・・・・・・・は?


最初は聞き間違いかと思ったんですが、そしたら今度は俺のかードケースをひっくり返してカードを漁る。
・・・・・・・・・・あ~~~。自殺志願者だと?
ああ神よ、せっかくしばらく封印していたのに、こんな場所で解放させようとしますカ。

でもここは大人な対応。うん。彼はもしかしたら何か重大な勘違いをしているのかもしれない。それならしょうがないじゃないか。
と、自分に言い聞かせて「いや、何やってんだよおまえ。」と、その腕を掴む。

その時、歴史が動いた

彼はその手を思い切り払いのける。
嗚呼、もしその腕が数ミリ横に逸れていれば。そうすれば俺の鼻に手の甲が当たることは無かっただろう。そして、手を払いのけられた青年が鼻血をだすことも無かっただろう。
彼はミスを犯した。それは聖帝氏が半年間封印し続けてきた逆鱗に、触れてしまったことである。



テメエ

  殺すぞ

     コラァァァア!!!



『おーっとここで聖帝選手、渾身のドロップキックだーーーー!!!』
『そのままマウントをとり、すかさず顔面に強打!強打!強打!!!』
『ここでセコンドが割って入ったーーーーーーーーー!!!!』

・・・・・で。店長室にお呼ばれ。彼は接骨院に電話し、そっちに移動。事情を話したおかげで出禁は免れましたが・・・いや~。しばらく行き辛いなあの店・・・・。
まぁ、握力68のマウントパンチを顔に数発ですから・・・顔変形とかしてないか心配です。だから嫌なんだよなぁ・・・都会。




俺、氏ねばいいのに
スポンサーサイト
| 未分類 | 12:24 | トラックバック:0コメント:6
コメント
いやはや凄いパンチ力ですなぁ~パンチングマシーンどのくらい行くのかと知りたいわ。
2006.07.01 Sat 11:42 | URL | 馬宝
まぁ、これでよかったのですよ! 聖帝さん!
2006.06.30 Fri 00:03 | URL | R/スズメノ
池沼に絡まれたか…乙(´人`)

握力68ってwww
加減しないと相手死ぬがな(;´∀`)
2006.06.29 Thu 23:31 | URL | SHIN(偽者)
池沼に絡まれたな・・・乙

君は悪くないが手加減しなさいww

あと握力12の俺に10分けてw
2006.06.29 Thu 23:28 | URL | やっちまった
100%聖帝さんが悪いんじゃなくて、その人が悪いですね・・・

半年間封印・・・何を(ry

氏んだ方が良いのはその人でしょうw

握力68Kのマウントパンチ数発は顔が変形する事間違いなしですねw

めけずに頑張りましょう(´・ω・`)


もしかして、元ヤンキーなんじゃ
2006.06.29 Thu 23:27 | URL | 輝
南斗鳳凰拳キターー(゜∀゜)ーー!
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガク
それにしても・・・都会って大変だなぁ・・・。

2006.06.29 Thu 18:58 | URL | しーや
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://crimzon666.blog61.fc2.com/tb.php/45-2cd1c570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

聖帝

Author:聖帝
R馬超をこよなく愛する厨デッキ使い。槍を得意とし、騎馬を好む。他は微妙。

デッキに必ずと言っていいほどR馬超かUC張飛を入れたがり、彼らを入れればそれだけでまともなデッキになると信じている。

元英雄。IC無くしてかなりヘコんでいたが、どうにか征覇王に昇格してモチベを取り戻した・・・気がしないでもない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。