三国志大戦ヘタレプレイヤー、「聖帝」の体験、気付いた事、個人的なカード評価などをつらつらと書く超個人的娯楽日記

聖帝 三国志大戦 徒然日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
本日より
本日より九州へ遠征してまいります。別に三国志は関係無いのだけど、ちょっとね。思うところがあるので一人旅でも。

しばらくは戻ってきません。帰りもいつになるか未定ですwww

ただ、恐らく大阪あたりで一回下車して、三国志をやる予感ムンムンw




「本日のカード評論」
本日は・・・・あーなんか幸先悪いなあ。「SR周喩」でございます。
強いんだけどね。自爆ってとこがブルブルガタガタ。
基本はステルス火計、主力を焼き払ってあとは攻城攻城。中盤はリードを保ってひたすら守りきる。・・・考えれば考えるほど恐ろしいカードだよなぁw反計さえいなければ・・・


ではいってきまーす
スポンサーサイト
| 未分類 | 08:45 | トラックバック:0コメント:0
はい、はやくもダレダレです。聖帝です。ここんとこ金と時間が無く、なかなかプレイしてませんでした。なので腕が鈍らないよう、イメージプレイで頑張っております。・・・ちょっと聞こえがやらしい?ww


ときに、最近南華老仙が熱い。回復量でかっ!なにアレ、苛め?本人はそこまで強くは無いけど、本当にあれはウザイ。張角でいいじゃんって話なんですけどそこはまあご愛嬌。何より、張角だと仕切りなおしになっちゃうからネ。面倒くさいし、相手に準備する時間与えちゃうし。ってわけで、さっそくプレイ!



・・・・紅蓮の炎を味あわされ、灰にされました。
・・・・骨と化した敵を止められませんでした。
・・・・蹴散らされました。

むりぽwww




「今日のカード評論」
出た、出ましたよこの男。我がデッキ最強の漢、その名も「Rホウトウ」!!!
これね、反計がはびこる今、どう考えてもSRより強力です。知力低下できるっていってもその分使いづらいしね、強いけど。それにしたってこの使い勝手には敵わない。反計の外からアボーンできるし。ある意味これも一つの厨カードではないでしょうか?いかがでしょうか?

ではまたー
| 未分類 | 19:35 | トラックバック:0コメント:0
この日はやるつもりはなかったのですが、知り合いに挑発され、知力の低い俺はなんだかんだで遠出してしまいました。何をするかと思えば身内大会。アホか。俺ぁ眠いんじゃボケーーーーーーー!!
・・・・・・・とか言ってやってしまいましたよ、ええ。結果は優勝でしたよ、ええ。そりゃなあ。5品とかがごろごろしてる大会に俺を呼ぶなってーの。賞品は甘皇后100枚。・・・・ごめん。イラネ。

「本日のカード評論」
ほうほう。今回はR馬超ですよ。
ええ、もうたった一言。おまえ壊れすぎ。
士気5で武力15って何さ。しかも計略無視?俺の中でこやつは悲哀キラーでございます。ハイ。とかなんとかいって、実は一番好きなカードだったり。
| 未分類 | 20:03 | トラックバック:0コメント:0
VS神
どうもこうもねーーーー!!!
・・・・はい、今日のびっくり大戦に唖然とした聖帝です。
始めて見ました。馬鹿らしくも勇猛果敢にこの勝負に取り組んだあなたがたに敬意を。そして約束を。俺はこれからもロマンを求めていきます。

因みにその勝負とは・・・・

SR関羽 SR曹操 SRキョチョ

vs

R呂布 C張梁 C邪道栄 C候成 C胡車寺 C張宝


キターーーーーーーー!!!


いや、ビックリ。聞いたことはあったけど見たことはなかった飛将対鬼神のガチバトル。そしてそれは中盤戦に起こった。


飛将側が正兵の法マスター発動で、総武力+12。鬼神側は覇者の求心をかけるものの、何故か関羽を中へ。本来ならここで関羽もいれば十分戦えたはずなのですが・・・・これはロマンの戦い。お互い、画面越しに心が通じ合っていたようです。

曹操とキョチョが撤退し、関羽鬼神降臨!この時点での武力は9+5+6×5=42!!

対抗するべく、胡車寺の卑屈な急襲。武力が8上がり、瞬間に呂布がそれをぶった切る。武力は9+7+5+4+4+3+12+8。鬼神を大幅に越え、武力が52!!!

恐るべし呂布。あともう少し早く武力が上がっていたら、さらに2高くなってましたね。
だとしても能力の差は歴然。それでも勇猛果敢に突撃していく鬼神関羽。迎え撃つほぼ無敵モードの呂布。このまま決着か・・・・!?
しかし、ここでとっておきの隠し玉が発動するのです。


兵法マスター!連環の法!


その手があったかーーーー!!



呂布は速度が落ち、上手く身動きが取れない。対して関羽は自由自在に駆け回り、見る間に飛翔降臨の呂布を打ち崩す。そのまま攻城へ向かい、壊滅的な打撃を与えて城へ。

おめでとう関羽!ありがとう呂布!いいもん見せてもらったゼ!!!
・・・・・しかし、なあ関羽。なんであそこから落城負けしてしまうんだい・・・・???汗


「本日のカード評論」
本日はこちらのカード。
R曹操

みんな、知ってます?始めて間もない人などは知らない人も多いんですが、彼の計略って実は、すごいことができるんですよ。その名も

「触れたら火傷するぜ!え?放置?オイオイ、それじゃあ落城だゼ!早く俺に触れてくれよベイベ」戦法。

・・・・ネーミングはまあお気になさらずに。

まあそれでですね。これ、城から出るときにカードを縦一列に並べて出すじゃないですか?その時武将は重なっているので、その状態から特攻号令をかけると・・・・あら不思議。全員同じ場所に張り付くじゃあーりませんか。しかも全員武力が上がった状態で同じ場所にいるので、触れると重なっている武将分の武力(全員+3)の接触ダメージを受けます。超絶強化でもない限り、まず止まりません。加えてこれが城門に入ると、入れた武将分のカットインが入り・・・・3~4人も入れれば落城しますwwww

ぜひ、お試しあれ
| 未分類 | 17:27 | トラックバック:0コメント:0
それってどうなのよ?
2の情報で、SR曹操の計略が「魏武の大号令」という話を聞きました。
カウントは30カウント以上に達するとか。・・・それってどうなのよ?連環効かないし、やばくないか・・・?しかし武力は3しか上がらず、効果時間が長いだけに下手に死なないとしばらくは撃てないし・・・うーむ。
と、考えていたらあることに気付いた。曹操って活もちだよね?号令かけて、突っ込んで、曹操だけ殺して退いて、7、8カウントで復活するからもっかい号令かけると・・・・・やばい。これはやばい。強いよ曹操。魏が連環のメタという考えは、どうやら改めなければならないようです。

「本日のカード評論」
今日はUC黄月英について。
このカードはある意味もっとも強力な攻城兵だと思っています。それなりに武力はあるし、回復の性能は段違いに高いし。しかし、優秀かといえばそうでもない。
それなら速度を大幅に上げて突っ込んでいけるSRの方が脅威かもしれません。しかしSRの方は武力が低すぎ、いざ戦闘になると使いみちがありません。せいぜい速度を上げ、敵を一体釣るぐらいですが・・・これは敵が城に一体隠し持っていたり、チョロ松や姜維などの挑発ユニットがいたりすると終わりです。
まあここらへんはデッキコンセプトにもよるでしょう。とりあえず、カードとしては決して弱いほうではないと思います。

ではこのへんでまた
| 未分類 | 22:55 | トラックバック:0コメント:0
槍、槍、槍
今日は槍に殺された日でしたね。見渡す限りの槍、槍、槍。あ、蜀単だけと思う無かれ。むしろ今日はエンショウ軍と呉が多かったです。

嫌だったのはやっぱり「何とかしてくれる漢」と「ノブナガ」でしたね。要するに劉備と周泰です。あれは槍兵最強なのではないかと思うときがあります。強い強い。ノブナガは呂姫や意地系などに対抗できるのでガン攻めできるし、意地は一人でその周辺全て食い止めてくるし。あのスペックは二人ともヤヴァい。2ではどうにかなるのかなぁ・・・まあ今のところ2はやる気が起きないんですがw
計略を新たに覚えるの面倒くさいし、アイテムとかいうシステムに萎え、兵法をデッキ見て決められるというつまらなさに呆れ。いや、もうどうしろと。


「本日のデッキ評論」
今日はこちら、UCウ禁。
昨日の馬岱と同じ?それはウ禁に対する侮辱ってものですよ?
あの魏武の強という計略はヤバイです。効果時間長すぎ。加えて武力そこそこなので足手まといにはならないし、知力がそれなりにあるので伏兵時、知力1武将へのプレッシャーにもなります。ダメもある程度あるので、主力にぶつけられなくても槍止めくらいはできますし。
とにかく馬岱とは違い、色々な可能性を秘めたカードだと思います。ごめんね馬岱。2でがんばれ。多分使うことはないだろうけどw
| 未分類 | 23:43 | トラックバック:0コメント:0
騎馬覇王、弓6品と呼ばれる男
はい、ぶっちゃけ俺のことです。
もともと俺は4枚蜀単使いで、故に槍が一番の得手でした。しかし、槍の後ろから馬が突撃するという手法を学んでいるうち・・・あれよあれよという間に騎馬スキルが上昇。一気に馬主体の戦いができるようになりました。
騎馬を練習するなら馬単だけでなく、馬とその他の兵種を組み合わせたデッキでやるべきと思います。馬だけなら扱い方が全て同じなので楽ですが、弓や槍を入れると動かし方や速度が違うので戸惑います。それを普通に扱えるようになれば、文句なしに馬は上品と呼べると思います。

さて、さらに遡ること始めて三日後あたりのこと。俺は呂布と呉の柵弓二人を組み合わせたり最期の業火と呂布を組み合わせるという無茶なデッキでやっておりました。以後、このデッキは五品にあがる日まで(初めてやった日から3週間くらい?)使い続けるのですが・・・・それ以降、俺は弓を使っていません。
そして今、どこかの誰かに言われた台詞がタイトル通り。いやー、弓を馬のように扱っちゃいけませんねw結局、弓主体デッキで3品サブICを連敗で5品まで落としましたw


「本日のカード評論」
・・・・・本日のカードは微妙も微妙。UC馬岱w
このカードについて何か一言。・・・そうですね。そんなもの入れるくらいなら孫尚香かシャマカを使えとw
| 未分類 | 23:21 | トラックバック:0コメント:0
本日の戦跡
今日はなんとなく勝てない予感がしていたので、メインではやりませんでした。代わりに、現在強いとされているデッキを自分で試し、弱点などを発見することに。やってみると、強いデッキというのはやはりクセがありますね。なかなか上手くは扱えませんでした。うーん、相変わらず難しいゲームだなぁw
さて、今日試したデッキは5つ。すべて6戦しました。その感想を書いていこうと思います。


「董卓反計」
いわゆるリリスデッキ?自分の使ってるデッキだとメタなのであまり強いとは思っていませんでしたが、やってみるとこれが強い強い。文字通りねじ伏せる、という戦いが殆どでした。
だけど、暴虐発動後の反計どころが難しい。特にジュンイクでは絶対反計したくない。漢の意地なんて最悪です。反計した日には目も当てられない。反計しなきゃ上手い人相手だと止められる。なので個人的には微妙です。組み合わせ次第ではありますが、結局やることが一つなので対処し易すぎます。とはいえ、一応全勝でした。

「隙無き天啓」
こちらも押しつぶすタイプのデッキ。押しつぶす力が強いくせに、守りもかなりイケイケ。転進を入れていれば呂姫や董卓などといった凶カードへの対処も可能。これは強い。今日やった中では一番じゃないかと思います。こちらも全勝。

「隙無き反計」
これは正直微妙でした。押すための計略が田豊頼りで、一回オトリ反計させてしまえばその後には対処できない。田豊使った後反計頼りってのが微妙です。董卓反計でも思ったことですが、反計はある程度の士気が残っているからこそ強い計略だと思います。とくにジュンイク。むしろジュンイク。李典やテイイクの偉大さがよく分かったデッキでした。4勝2敗。

「暴虐神医」
自分の肌に合ったデッキだからかもしれませんが、強い。とにかく強い。凶計略が三つ入っているという時点でかなり卑怯なデッキだと思いました。火計水計相手にはどうしようもないカンジはありますが、そうでなければ殆どのデッキに勝てる気がします。・・・とはいえ、戦績は5勝1敗でした。

「STOデッキ」
これはまあ、旧バージョンから存在していたデッキなので、強くて当たり前。強くなければ今でも使われるようなことはありません。・・・とはいえ、使い方は非常に難しいと思います。反計の扱い、兵法の扱い、主力の扱い。この三つのどれが欠けても勝つのは難しい。そういう意味では、決していわゆる「厨デッキ」とは呼べないと思います。とりあえず全勝しました。


やはり最終的には腕次第と言っても、デッキパワーというのは大きいですね。当たり前のことなんですが、改めて実感させられました。
・・・実はここで、あえて現最強デッキの呉バラはやってません。呉は苦手なんです、呉は。使うのも使われるのもw



「本日のカード評論」
はい、ここではですね、ランダムにカードを引っ張り、引いたカードの評論を行おうかと。本日のカードは・・・コレ。
SR馬超

キタコレwよかった微妙なカードじゃなくて。では評論開始。
これ、ぶっちゃけヤバイです。小覇王と互角?上手くやれば天下無双も撃退?何ソレwさすが西涼最強の漢、やることが違う。・・・いやまあ、おれはRのほうが好きなんですがwww
しかし。俺はこのカードって対処しやすいと思うんです。連環の法でオーラはでないし、士気は5も消費。頭は悪いの三点セット。正直、俺は同じSRでももう一人のライダーのが好きです。活もちだし。頭いいし。計略安いしの三点セット。まあ武力的な問題があるのでなんとも言えませんがね。
デッキ内に決め手が欠けているなら入れる、というカードだと思います。逆に、そのほかのカードが大きな計略ばかりなら、趙雲でも十分かと。ここら辺は好みかな?


ではまた。
| 未分類 | 23:43 | トラックバック:0コメント:0
はじめに
まず前提として覚えておいて欲しいのが、俺はメインでは既存デッキはやらないということ。なにせデッキを組む方がプレイ自体より楽しいもので(笑)なので、デッキ構築力はまあ、人並みにはあるほうだと思います。
なので、あまり既存の強いデッキには頼りたくないんです。ですから自分の気に入ったカード意外はあまり使いません。そこのところをよろしく。



さて、ボクが使っているデッキは「封印連環」と呼んでいるものです。サイヨウとホウトウを主軸とし、残り6コスを強力な部隊で固めるというものですが、これ、なかなかに強力。
まず反計が通用しないということ。反計自体を封印で無効化できるし、封印を反計されても痛くない。相手もそれがわかっているから封印は反計してこない。結果、計略は垂れ流しです。
とはいっても、封印したあとに使う計略次第ではカウンターをとられてしまうんですが。例えば連環や天下無双・改などは使えば士気がなくなり、即再起などやられた日には目もあてられません。ですからその辺も考えてうまくデッキを組まなきゃいけないんです。これが難しいけど楽しいですね。
こんなところでまたw
| 未分類 | 00:53 | トラックバック:0コメント:2
はじまりました聖帝のダレダレ日記。開幕から早くも何を書こうかなど頭に浮かびません。いいのか自分。まあ、いいんだろう。いいよ、もう。

とりあえず自分は覇王でもなんでもないしがない一プレイヤーに過ぎません。なので、カードに対する評価とかデッキに対する感想とか、ああ、こういう考え方も有るんだな、程度に受け止めておいてください。

それでは
| 未分類 | 10:24 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

聖帝

Author:聖帝
R馬超をこよなく愛する厨デッキ使い。槍を得意とし、騎馬を好む。他は微妙。

デッキに必ずと言っていいほどR馬超かUC張飛を入れたがり、彼らを入れればそれだけでまともなデッキになると信じている。

元英雄。IC無くしてかなりヘコんでいたが、どうにか征覇王に昇格してモチベを取り戻した・・・気がしないでもない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。